老眼鏡選びに関する正しい知識と、老眼鏡の度数|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

老眼鏡選びに関する正しい知識と、老眼鏡の度数

老眼はどんな人にも必ず起こる眼の老化現象で、45歳以上になると老眼用レンズの使用が急激に増えるという調査結果も出ています。特に近年では、スマホやパソコンの多用などによって老眼の若年化が進んでいるともいわれており、正しい知識を身に付け、早めの予防や対策を行うことがますます重要になってきています。
一方、近視の人は老眼にならない、老眼鏡をかけると老眼が進行する…というような噂が相変わらず横行しており、老眼を放置している人も少なくないようです。
この機会に、老眼についての正しい知識を身に付け、早めの対策で老眼を軽やかに乗り切っていきませんか?

老眼について

老眼になる理由

そもそも老眼とはどんな状態を指すのか。何歳から老眼と呼ばれるのか。そんな疑問を持つ方も少なくないのではないでしょうか。また、老眼鏡をかけると老眼が進行する…などという都市伝説も出回っており、誤った認識や先入観から老眼を放置してしまい、悪化させてしまうケースも見られます。老眼の対策は、心身の健康を守り、快適かつ豊かな生活を送るためにも大切な課題です。正しい知識を身に付け、もっと前向きに老眼と向き合ってみませんか?

老眼になる理由

老眼による眼の症状について

1.水晶の硬化

カメラのレンズの役割を果たす水晶体は、右下の図のように、普段、遠くを見ているとき水晶体は薄く、近くを見るときに水晶体を厚くすることで、網膜でピントが合うよう調節しています。ところが40代を過ぎる頃になると、この水晶体は徐々に硬くなってきて弾力がなくなり、厚くする機能が衰えてしまいます。このことによって、網膜でのピント調節がうまくできなくなり、焦点が合う範囲が非常に狭くなります。近くのものを見ようとするとピントが合わず、視界がぼやけるようになります。水晶体の弾力は、肌の潤い成分としても知られているコラーゲンによるもの。主にこのコラーゲンが老化によって失われることによって、水晶体が硬化するものと考えられています。

2.毛様体筋の衰え

毛様体筋は、水晶体を支える眼の筋肉です。毛様体筋と水晶体は、毛様小帯という細い線維で繋がっています。そして光が眼に入ってきたときに、この毛様体筋が収縮することで水晶体の厚みが変化し、網膜でのピント調節を行うことができるのです。しかし、この毛様体筋の収縮力が衰えると、水晶体の厚みを変化させられず、網膜のピントが合わなくなります。また、毛様体筋は水晶体の潤いに必要な房水を運ぶ役割もしているため、毛様体筋の衰えは水晶体の弾力を失わせ、硬化させる要因ともなってしまうのです。

3.虹彩の動きの鈍化

眼の瞳孔は、見たものを網膜に映すため、周りの明るさによって大きさを変え、水晶体に光の情報を送ります。そして、その瞳孔の大きさを調節しているのが、瞳孔の周りにある虹彩という筋肉です。この虹彩は、若いときには大きく、加齢に伴って縮小していきます。虹彩が老化すると、瞳孔を大きくしたり小さくしたりする筋力が衰えるため、薄暗い場所でも見えにくくなったり、色のコントラストも識別しにくくなったりします。

ページトップへ

老眼鏡の選び方

老眼鏡でのお悩み

老眼になると度数が変化するのでいつ作ってよいかわからない。

100円ショップで売っている老眼鏡とメガネ屋で販売している老眼鏡は何が違うの?

老眼鏡だとTVやパソコン画面が見えづらい。

外出する際にもかけられるオシャレな老眼鏡が欲しい

掛けたり外したりするのは面倒

老眼鏡でのお悩み

老眼鏡の選び方

既成品との違い
よく雑貨店などで見かける「老眼鏡」と書かれたメガネ。これはあくまで近くのものを一時的に拡大して見る虫メガネのようなものです。眼に合わないメガネをかけていると、見え方の問題だけでなく、無理によく見ようとして眼を酷使してしまい、眼精疲労から身体の不調につながることもあります。初めての老眼用メガネは、信頼できるメガネ専門店で、自分に合った最適なものをフィッティングしながらアレンジすることをおすすめします。
目と目的に合わせたレンズ選び
今、遠近両用メガネは、遠用、近用とその中間の度数で段階的に構成された累進レンズが主流。一般によく使われるのは、遠くから手元まで見える遠近両用レンズ。ほかにも、手元から3~5mがよく見える
室内向け中近レンズ、手元から1m先までよく見えるデスクワーク向けの近々レンズがあります。できることなら、外出用に遠くを重視した遠近両用レンズ、細かいデスクワーク用には近々両用レンズと複数のレンズを使いこなすのが想的といえるでしょう。
フレームは疲れにくいものを
見た目の印象だけで選んでしまいがちな、メガネのフレーム。しかし、これもメガネの快適さを決める重要な要素です。デザインの好みも大切ですが、実際にかけてみて疲れにくいものを選ぶことを心がけましょう。また、顔の形や全体の雰囲気に合っているか、かけ心地が良く、ズレたりしないか、見やすい角度になっているかなどを確認、調整するフィッティングによって、自分に合ったメガネにアレンジしてくれるメガネ専門店を選ぶことも大切です。

老眼鏡度数の測定と目安

老眼鏡・シニアグラスを選ぶためには、あなたに合った度数を選ぶことが大切です。「度数目安表」で、あなたに合ったレンズを選ぶ参考としてください。下の文字を30cm離して、肉眼で見て下さい。読むことができる一番小さな字の所が目安度数です。
※パソコン用はパソコン画面を見る距離で見て下さい。

老眼度数測定文字

ページトップへ

タイプ別 老眼鏡のおすすめフレーム

老眼鏡というと、従来の既製品や境目のあるレンズをイメージする方もいらっしゃるのでは?最近では、遠近両用メガネもコンタクトレンズも進化を遂げ、デザインも飛躍的に向上し、選びやすくなってきました。

フクタン 利用シーン しっかりとした視野を確保
しっかりとした視野を確保したメガネ

詳細を見る

しっかりとした視野を確保したメガネ

詳細を見る

しっかりとした視野を確保したメガネ

詳細を見る

フクタン 利用シーン 外出時のおしゃれに合わせる
外出時のおしゃれに合わせるメガネ

詳細を見る

外出時のおしゃれに合わせるメガネ

詳細を見る

外出時のおしゃれに合わせるメガネ

詳細を見る

フクタン 利用シーン 長時間かけても疲れない
長時間かけても疲れないメガネ

詳細を見る

長時間かけても疲れないメガネ

詳細を見る

長時間かけても疲れないメガネ

詳細を見る

ページトップへ