似合うメガネとは|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

メガネ

似合うメガネ

似合うメガネとは

形も色も様々、たくさんあるメガネの中から自分にピッタリのメガネを選ぶのは意外と難しいもの。何を基準にどんなメガネを選べば良いのか、まずは基本的なメガネの選び方をご紹介します。

自分の顔にしっかり合わせる

メガネ選びの基準となるのは自分の顔です。まずは自分の顔の大きさや、形を知ることからはじめましょう。まず自分のお顔の形はどこに入るのかを分類しましょう。

メガネを選ぶ時に押さえておきたい基本の要素は「顔型(長い・短い)」「肉付き(ふっくら・ほっそり)」です。
「顔型」は顔の縦と横の比率で見ます。縦は眉からあご先まで、横は顔の中で一番幅の広いところ(必ずしも頬骨ではない)です。縦と横を比べ、縦が長い人は「長い顔」となり、横の方が長いもしくは縦と比率が同じ人は「短い顔」となります。

顔の形にあったメガネをえらびましょう

丸顔(短くてふっくら)

顔を細く長く見せたり、シャープに見せるメガネがおすすめです。
縦幅が狭いメガネで、濃く、はっきりしたフレーム。
アクセントが上にあるナイロールのフレームが似合います。ブリッジ位置は高めで、縁(リム)は直線的でシャープなラインなものを選びましょう。

オススメフレーム

スクエア
ウェリントン

四角顔(長くてふっくら)

顔を小さくほっそり見せるメガネや、顔の印象をひきしめて見せるデザインがおすすめです。
縦幅が広い大き目なメガネで、濃く太い、はっきりしたセルフレームが似合います。
ブリッジ位置は低めでフレームの上部(トップリム(上縁))が水平で直線的なデザインを選びましょう。

オススメフレーム

オーバル
ボストン

三角顔(短くてほっそり)

軽く自然に見せるような、スッキリとしたデザインがおすすめです。
縦幅が狭く、細めのフレーム。細めのメタルフレームや、アンダーリムフレームも似合います。
ブリッジ位置は高めで、フレームはソフトで繊細、曲線的なデザインを選びましょう。

オススメフレーム

オーバル

面長(長くてほっそり)

ソフトに見せ、顔の長さを感じさせないデザインがオススメです。
縦幅が広く、細めでクラシックな大き目のの曲線的なフレームや、ツーポイントフレームも似合います。
ブリッジ位置は低め、フレームはソフトで繊細、曲線的なデザインを選びましょう。

オススメフレーム

ウェリントン
ボストン

詳しい似合うメガネの探し方はこちらを参考になさってください。

かけ心地を左右するフィッティング調整についてみてみましょう

プライベートブランド