35歳〜44歳の方|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

年齢的に⽼眼には縁がないと思いたい世代にも、ピントフリーズ現象、すなわち近くのものにピントを
合わせづらくなる状態を感じるひとが最近増えています。パソコンやスマートフォンが⽣活に不可⽋なものと
なり、近くを⾒つめる時間が⻑くなったことが、その⼤きな原因です。

朝起きたら、スマートフォンを⼿に取り、SNSをチェック。通勤電⾞の中では、ニュースを読んで情報収集。
会社に着いたら即パソコンの画⾯に向かい、メールチェックや資料の作成。ランチタイムには、スマートフォンで
ニュースやSNSをチェック、合コンや⼥⼦会のお店探し。ランチを終えて仕事に戻れば、またパソコン。
仕事を終えたあとも、寝るまで⼿元にはスマートフォン…。そんな現代を⽣きる⼈々の⽣活は、想像以上に
眼を酷使しているのです。

45歳を超えると老眼の自覚症状も出始めます。「少し⽬が疲れているだけ。」などと放っておいても、決して改善は
図れません。まずは、眼の機能やあなた⾃⾝の眼の状態をよく知り、適切なアイケアをすることが必要です。

こんなこと感じていませんか?

  • 「⼣⽅になると細かい⽂字が⾒づらい。」
  • 「⽬が疲れてショボショボする。」
  • 「距離を離すと細かい⽂字が⾒やすくなる。」
  • 「パソコンやスマートフォンを⾒続けたあとで遠くを⾒ると、ピントが合うまでに時間がかかる。」
  • 「ブルーライトカットメガネを掛けても、効果が実感できない。」

メガネスーパーができること

メガネスーパーでは、年齢とともに衰える眼の年齢を調べる「眼年齢診断」を実施しています。
熟練したスタッフが「眼年齢」や「眼の体⼒」を測定し、さらに⽣活環境を考慮することで、ライフスタイルに
合った疲れにくいメガネ
をご提供し、あなたのアイケアのお役に⽴ちます。

  • 「眼環境チェックシート」
  • ライフスタイルやメガネ・コンタクトレンズの使⽤状況、眼や⾝体のつらい症状などの質問に答えることで、あなたの「眼環境」を知ることができます。
  • 「眼年齢診断」
  • ⽼化によって⽔晶体が固くなることで、ピント調節能⼒が低下していないか、近くを⾒るのに負担がかかっていないかを測定する「調節⼒検査」。左右の⽬のバランスが取れているか、モノを⽴体的に⾒ることができているかを測定する「⽴体視検査」。⽔晶体の⽩濁により、視⼒が良いのに⾒えにくいことがないかを測定する「コントラスト検査」。これらの3つを通じて、あなたの「眼年齢」を診断いたします。
  • 「MEKARA(メカラ)」
  • 近くを⾒つめる時間が⻑くなり、⽬への負担が⼤きくなってきた、現代⼈のライフスタイルを考慮したメガネレンズ。

お悩み別コンテンツ

オススメコンテンツ