45歳〜49歳の方|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

45歳を過ぎる頃には、
「距離を離すと細かい⽂字が⾒やすくなる。」
「近くを⾒続けたあとで遠くを⾒ると、ピントが合うまでに時間がかかる。」
「パソコンの⽂字は、まだなんとかなるが、スマートフォンの⽂字は⾒づらい。」といった体験を通じて、
⽼眼を⾃覚するひとが増えてきます。

老眼は、この自覚期(一般に45歳から50歳くらいまで)を経て、変動期に入っていきます。この間、視力は
どんどん変化していきます。これを放置すると、目への負担も高まります。
また、⽼眼というと、近くを⾒ることだけの問題と思われがちですが、実は遠くの視⼒の変化も⼤きく影響します。
⽼眼を⾃覚する世代になると、遠くの視⼒も少なからず変化しているケースが多いのです。

近視や遠視、乱視の有無や度数を正確に測定し、遠くの視⼒をチェックすることが、⽼眼を改善するための第⼀歩。
遠くの視⼒や度数を知ることなしに、⽼眼を根本的に改善する、疲れにくくて快適なメガネを⼿に⼊れることは
難しいのです。
しかし、遠視や乱視は、⽬のピント合わせ能⼒により隠れていることが多く、正確に測定するには確かな技術と
経験を要します。

こんなこと感じていませんか?

  • 「距離を遠ざけないと⼩さな⽂字が読めない。」
  • 「距離を遠ざけても細かな⽂字が読めない。」
  • 「細かな⽂字がハッキリ⾒えなくても、『なんとか読めた』と納得している。」
  • 「スマートフォンの画⾯を⻑時間⾒ているのがつらい。」
  • 「パソコンやスマートフォンの画⾯から顔を上げると、遠くのものがぼやける。」
  • 「近くを⾒ていないときにも⽬の疲れを感じる。」

メガネスーパーができること

メガネスーパーでは、⽼舗チェーンだからこその豊富なノウハウと確かな技術を⾝につけたスタッフが、
きめ細やかな検査で隠れた度数までをもしっかりと測定。それを踏まえて、⽼眼を根本的に改善するためのに
対処するための度数やアイテムをご提案いたします。
メガネスーパーでのきめ細やかな検査を通じて、眼にも年齢に応じた変化が訪れることを知ることは、
あなた⾃⾝の眼についてよく考えることへとつながります。眼についてよく考えることこそが、⻑い⼈⽣を
謳歌するのに必要不可⽋なアイケアへとつながるのです。

⽼眼改善のベースとなる遠⾒視⼒をしっかりチェック
豊富なノウハウと確かな技術で、隠れた度数までをもしっかり測定します。

⽼眼を根本的に改善するためのメガネをご提案
遠⾒視⼒をベースに「眼環境」や「眼年齢」を考慮して、⽼眼を根本的に改善するための度数やアイテムをご提案いたします。

お悩み別コンテンツ

オススメコンテンツ