〜34歳以下の方|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

今の時代、眼の周りを取り巻く環境は、極めて過酷です。
職場では業務のIT化が進み、メールはもちろん、資料や報告書の作成など、
デスクに向かう時間の大半は、パソコンの画面を見つめているという人も多いのではないでしょうか?

また、みなさんの手が届くところには常にスマートフォンがあり、SNSをこまめにチェックしたり、ゲームを
楽しんだりと、1日の中でスマートフォンを使っている時間は、かなりの割合を占めているはずです。
実は、パソコンやスマートフォンの画面を長時間見つめること、つまり、近くのものを見つめ続けることは、
眼にとって極めて大きな負担となっているのです。

その結果、かつて近視の進行は20歳前後で止まると考えられてきましたが、20代、30代のひとでも
近視が進む人
が、多く見受けられるようになりました。

また、眼精疲労を訴える人や、近くが見えづらいと感じる人も増えており、まだ老眼には縁がないと思いがちな
若い世代にも、適切なアイケアが求められているのです。
メガネスーパーでは、遠くの視力だけでなく、「眼年齢」を測定することで、眼精疲労の程度を客観的に把握できます。
さらに、「眼環境」も考慮して、正しいアイケアの方法や疲れにくいメガネをご提案いたします。

こんなこと感じていませんか?

  • 「近視の度が進んだような気がする。」
  • 「長い時間パソコンに向かっていると、集中力が落ちる。」
  • 「休憩を取っても、目の疲れが解消しない。」
  • 「疲れ目用の目薬を差しても、効果が実感できない。」
  • 「ブルーライトカットメガネを掛けても、効果が実感できない。」

メガネスーパーができること

  • 「眼環境チェックシート」
  • ライフスタイルやメガネ・コンタクトレンズの使用状況、眼や身体のつらい症状などの質問に答えることで、あなたの「眼環境」を知ることができます。
  • 「眼年齢診断」
  • 老化によって水晶体が固くなることで、ピント調節能力が低下していないか、近くを見るのに負担がかかっていないかを測定する「調節力検査」。左右の目のバランスが取れているか、モノを立体的に見ることができているかを測定する「立体視検査」。水晶体の白濁により、視力が良いのに見えにくいことがないかを測定する「コントラスト検査」。これらの3つを通じて、あなたの「眼年齢」を診断いたします。
  • 「MEKARA(メカラ)」
  • 近くを見つめる時間が長くなり、目への負担が大きくなってきた、現代人のライフスタイルを考慮したメガネレンズ。

お悩み別コンテンツ

オススメコンテンツ