「第1回 眼から元気にプロジェクト」眼の健康寿命延伸に関する提言・情報発信を行う有識者会議レポート | メガネスーパー

眼の健康寿命を、延ばす。

アイケア研究所レポート 特別号

2015年6月30日発行

「第1回 眼から元気にプロジェクト」眼の健康寿命延伸に関する提言・情報発信を行う有識者会議レポート

今回は「眼の健康寿命の延伸を阻む要因をどう取り除くか」をテーマに、眼に関わる事業に取り組む異なる業種・企業からの参加メンバーが熱い議論を交わした有識者会議のレポートをお送りします。

ディスカッション 論点(2) 商品・サービスのあり方

医療費削減への対抗策として「未病領域」、  特に「眼の領域」における「顧客/患者」の解決策は?

今、各方面から注目されている「未病(病気ではないが病気に向かっている状態)」の領域について、私たちがどのように解決策を提供できるかは大きな課題のひとつです。ここでは「エイジングケアによる健康寿命延伸がキーワード」、「テイクケアビジネスが必要」「コラボによるワンストップサービスが出来ないか」等と活発に意見が交わされました。

エイジングケアの意味とは?

エイジングケアの意味

多くの人に老眼の症状が出始める45歳は、白内障等の加齢に伴う眼の病気も増えるほか、高血圧や腰痛症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病での通院率もグンと上がる年代という調査結果が出ています(下のグラフ参照)。

エイジング(老化)という言葉にはマイナスイメージを持たれがちですが、メガネスーパーは、適切なエイジングケアで早期の対策で老いを先延ばしにできるというプラスイメージに転換していきたいという考えを示しました。

コラボレーションのカギ

コラボレーションの鍵

エイジングケアは眼だけでなく、身体のあらゆる部分において必要です。ゆえに異分野との「コラボレーション」が非常に有効になると考えられます。とくに期待されるのが「エイジング」という言葉に敏感な女性をターゲットとしたコラボレーションです。エイジングからアンチエイジングへと視点を移し、美と健康をテーマにしたものなどを目指し、構想を膨らませていく考えです。

業界別のアプローチ

メガネスーパーは、厳しい検査基準や正確なフィッティング等を強みに、多様な業界・職種へのアプローチを展開していることも発表しました。

例えば、厳しい眼環境で働くタクシー業界では、ドライバー専用の眼の検査を行うほか、日中の日差しや夜間の車のライト眩しさを軽減するブルーライトカットのレンズ等を提案しています。

解決策を打ち出す上でのボトルネックは何か?

生活者に適切な商品やサービス、情報が届かないという状況を解決できるキーワードは、生活者のマインドや行動を捉えたワンストップのサービスです。しかし、そのボトルネックとなるのが、業態の分断や、プロダクトアウトの小売業態です。そして、今回、その解決策として医療機関や異業種とのコラボレーションが注目され、さまざまな論議が交わされました。

また、プロダクトアウトの業態から脱却を図り、定期的に来店しては、検査や情報提供を受けたり、眼や健康に関するアドバイスが受けられる「かかり付け」のようなテイクケアサービスが必要、製品の品質のみならず、検査やフィッティングの技術の高さ等の小売バリューをアピールすべき…等、メガネスーパーのあり方を示唆するような意見も多数聞かれました。

アイケア領域毎の商品・サービス設計について

メガネスーパーは、アイケアの領域毎に最適な解決策を探り、よりトータルな商品・サービスを開発するという新しい試みを検討しています。眼関係の疾病や未病の症状に合わせて、メガネやコンタクトレンズはもとより、異分野の商品やサービスもトータルに提供していくというものです。眼に関わる商品・サービスをワンストップで提供できる、眼以外の事でも、何でも気軽に相談できる。メガネスーパーは、そんなショップづくりにも取り組みたいと考えています。

商品・サービスのあり方に関する仮説

アイケア領域毎の商品・サービス設計

アイケア領域ごとの商品・サービス設計という切り口

また、メガネスーパーは、商品・サービスのあり方を考える上で、生活者の仕事や遊びのシーンでの行動のサポートを行い、成果になるセルフマネジメントに繋がるものを仮説しました。健康行動に何らかの形でインセンティブを払うのは有効か、否か。組織では可能でも個人を動かすのは難しいと、賛否は分かれましたが、多様な意見を交換する機会となりました。

エイジングケアによる、健康寿命延伸の追求

商品・サービスのあり方に関する仮説

「老化」や「老眼鏡」のネガティブなイメージから老眼や加齢による疾病を放置し、処置が遅れる傾向が見られます。スーパーメガネは、早期の対策がむしろ健康を延ばす可能性を訴求したいと考えています。

商品サービスそのものが 「良い」「心地よい」

蒸気でアイマスク

例)心地よさの体感でヒットした花王様の「めぐりズム

「未病」や「エイジング」の対策はすなわち、未来のためであり、その価値をすぐ実感しづらいのがデメリット。そこで大切なのが、使ってすぐ「良い」「心地よい」と体感できる事というのが多くの参加者の意見でした。異業種の参加企業の商品からも、その視点を学ぶことができます。

国が主導する大きなトレンドに対して眼の健康を延伸する仕組みはどう創出する?

1 2 3 4 5 6 7

アイケア研究所とは

株式会社メガネスーパー(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長:星﨑尚彦、以下メガネスーパー)は、 「眼の健康寿命を延ばす」を目的としたアイケアサービスの拡充を図るべく「アイケア研究所」を発足しました。

これは、核となるミドル・シニアを中心とした約600万人の顧客と、医療従事者、そして、多様な商品・サービスを提供する取引先をネットワークし、最先端アイケアの提供を目指すアイケアカンパニー・メガネスーパーの新しい取り組みのひとつです。

この「アイケア研究所レポート」では、毎月、注目度の高いテーマを取り上げ、みなさまに役立つアイケア情報をお伝えしていきたいと考えております。