色覚特性について|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

色は人によって違って見えている!?-色覚特性について

色に対する感じ方は人それぞれ異なり、色の見え方や感じ方も違います。
日本人男性の20人に1人、女性でも500人に1人が赤緑色覚の違うタイプで、
日本全体では300万人以上存在します。
ここでは色覚特性について、実際の見え方の違いや、補正などについてご紹介します。

色覚特性について

色覚特性とは?

「色覚特性」はかつては「色盲」や「色弱」と呼ばれていました。友人やパートナーの中で、実は「色盲」「色弱」だという方がいらっしゃるのではないでしょうか?

色覚特性とは目の特性の一つ。色を識別する錐体細胞が色の認識・識別が多数派と違うタイプだということです。一般的に赤緑色弱といわれているのは赤と緑の区別がつきにくいタイプで、世界的にはおよそ2億5000万人の色覚特性を持つ者が存在するといわれています。

家族

色覚特性の方が日常生活で困っていること

「この色は何色に見えるの? あれは?」一般の方が色覚特性の人に対して尋ねる第一声です。色覚特性の人は苦手な色か、分かる色か、しばらく考えてから答えます。

また、「この2つの服の色は同じなの?」「この路線図…色がごちゃごちゃしてわかりくいな」など、色覚特性の人たちは日常生活の中で、様々なことに不便を感じているのです。

色覚特性の方が日常生活で困っていること

どうして瞳で色が分かるのか

色を感じ表現する要素には、「鮮やかさの“彩度”」「明るさの“明度”」「色合いの“色相”」という3つの要素があります。

瞳は「色相」「彩度」「明度」の3要素で色を読み取ります。
色に対する感じ方は「色相」「彩度」「明度」の割合の違いで人それぞれ異なり、色の見え方や感じ方も違います。
図のように「色相」が色を感じる上で最も大きな要素といわれおり、色の見え方の違いが大きいと「明るさ」や「鮮やかさ」で色を判断するようになるため、特定の色の見分けが困難になるのです。

色相・彩度・明度について
一般色覚の人
色相の割合が高く、色合いで色を判断できる状態。一般色覚の人の色相・彩度・明度のバランス
少し違う場合
色を感じる3要素のうち、 彩度と明度の比率が高くなり、色相で色を識別する比率が 低くなっています。色相・彩度・明度のバランスが少し違う場合
大きく違う場合
さらに色相の比率が 低くなり、明るさや鮮やかさで色を 識別する傾向が強くなると いわれています。色相・彩度・明度のバランスが大きく違う場合

色覚特性の人は”Super Green Eyes”の持ち主!

色覚特性の人は微妙な「緑」の違いを容易に識別できるといわれています。
草むらの虫、山の中の山菜、密林の中のカメレオンなど。新緑の季節の美しさは言葉になりません。
逆に「赤」が見えにくいのです。「赤」が鮮やかに見えない分「緑」が 神のプレゼントのごとくきれいに見えるのではないでしょうか。様々な「緑」が識別できる世界もステキですね。

緑

ほかにもこんなことで困っている

色も認識しにくい組み合わせがあります。赤と緑、青と紫の色の組み合わせやパステルカラーのピンクや紫などの色も見分けにくい色の組み合わせです。
その他にも日常生活の中で、不便を感じていることをご紹介します。
※これらのことは全ての色覚異常の人たちにあてはまるわけではありません。

色の組み合わせ

色覚特性チェックリスト

色覚特性チェックリスト
1つも当てはまらない方
色覚の特性は無いようです!
色相の割合が高く、色合いで色を判断できる状態です。
1~4つ当てはまる方
軽い色覚特性があります!
日常での自覚は無いのですが、紅葉や花火を見ての感動が少ないなど、身近な人とは違って見えている可能性があります。
5つ以上当てはまる方
色覚特性の疑いがあります!
お子様の顔色がよく分らない、靴下の色を左右間違えたり、服の色選びを指摘されるなど、日常生活や仕事でもトラブルが起こる可能性があります。お近くのメガネスーパー店舗、眼科などへ一度相談してみましょう。
検査・補正方法
検査予約専用電話番号
お問い合わせフォーム
店舗検索

特集コーナー