コンタクトの使い方|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

コンタクトレンズ、カラーコンタクト

コンタクトレンズの使い方

コンタクトレンズは目に入れて使うものです。人によっては毎日使うコンタクトレンズだから、自己流で使うと危険です。眼科の先生の指導や指示に従って、快適に安全に扱えるようになることが大切です。あなたの目を守るため、守ってほしいことがあります。

使用したら必ずケアしましょう

ソフト・ハード関わらず、コンタクトレンズは1日使うと必ず汚れています
タンパク質・脂質・カルシウムなどの目や涙に含まれる汚れや、ファンデーション・マスカラなどの化粧品汚れなど、コンタクトにはい様々な汚れが付きます。そして、目には見えない雑菌も付着しているのです。
汚れたコンタクトレンズは、油膜が張って見えにくくしたり、ゴロゴロする原因や、かゆみのトラブルにもつながります。最悪の場合、角膜感染症を引き起こす可能性もありますので、しっかりとケアが必要です。
毎日洗浄してきれいに
1日使い捨てレンズ(1dayタイプ)はレンズケアの必要がありませんが、それ以外のコンタクトレンズは1回使ったコンタクトレンズは必ず洗浄や消毒を行い、清潔に保ちましょう。水だけではレンズケアができませんので、専用の洗浄液で洗うことが大切です。
メガネスーパーでは専用の洗浄液や保存液も取り扱っております。お使いのコンタクトレンズに合わせたケア用品もご案内できますので、お気軽にご相談ください。
レンズケースも忘れずに
汚れや雑菌は、レンズケースにも潜んでいます。清潔なレンズを保つためには、保存しておくレンズケースも清潔に保つことが重要です。ケースが不衛生だと、せっかくのレンズケアが台無しになります。
保存液はその都度交換し、何日も同じ保存液を使わないようにしてください。
またケースは湿った状態にしておくと、雑菌が繁殖してしまうことがあります。コンタクトを入れていないケースはよく洗い、ケース本体・フタを別にして、自然乾燥させてください。

一日の装用時間を守りましょう

装用時間を意識して
装用時間とは、コンタクトレンズを装着し続けている時間のことです。
例えば朝7時にコンタクトを付けて夜の7時にコンタクトをはずした場合、その日の装用時間は12時間ということになります。コンタクトの装用時間が短いほど目にとっては健康的です。
ソフトとハードでは装用時間が違う
目安としては、ソフトコンタクトレンズの装用時間「約12時間」、ハードコンタクトレンズの装用時間「約14時間」となっています。
装着液を使用すると、目の乾燥を抑えることができるのでおすすめです。また、長時間コンタクトを装用すると目が乾きますので、目薬を差したり、瞬きをするように心がけましょう。目の疲れや少しでも違和感を感じたらコンタクトを外してメガネを着用してください。
また、コンタクトを付けたまま眠ることはトラブルを招く可能性が非常に高く危険です。絶対にやめるようにしましょう。

レンズの交換

レンズの使用期限は必ず守る
1日使い捨てレンズ(1dayタイプ)は毎日新しいレンズと交換します。一度でもレンズを外した場合、再び装着してはいけませんので、外したら必ず捨てましょう。
1週間交換(1weekタイプ)、2週間交換(2weekタイプ)・1ヶ月交換(1Monthタイプ)は、レンズをはずしたら毎日レンズケアをして、決められた期間使用します。コンタクトが余っている場合でも、箱に記載してある使用期限をみて、使用期限を過ぎたものは捨てるようにしてください。
ハードレンズもキズが付いたり汚れがひどい場合、見えにくくなった場合は交換するようにしてください。

メガネスーパーでは、コンタクトレンズがお得に購入でき、定期的に届く「コンタクトレンズ定期便」のザービスがあります。

レンズケースも交換しましょう
ケースやフタの細かい部分に汚れが残り、洗っても取れなくなりますし、毎日使うとケースも劣化します。トラブルを防ぐためにも、レンズケースは定期的に新しいものと交換することが大切です。
新しい保存液のボトルを開封するごとに、新しいレンズケースと交換することをおすすめします。