コンタクトの種類|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

コンタクトレンズ、カラーコンタクト

コンタクトレンズの種類について

はじめてコンタクトレンズのご購入を検討されている方は、まず眼科できちんと検査し、コンタクトレンズ処方箋(装用指示書)の処方を受けてからのお買い求めとなります。
眼科できちんと検査し、瞳の状態や視力が自分の目に合ったものを使わないと、見えにくいばかりでなく、思わぬトラブルの原因にもなります。コンタクト購入後も眼の健康を守るために、自覚症状の有無にかかわらず3ヶ月に1回は眼科を受診し、眼の状態を定期的にチェックしましょう。

1日使い捨て(1dayタイプ)

特徴
毎日新しいレンズと交換する1dayタイプの使い捨てのソフトコンタクトレンズです。使い捨てですので、レンズを一度はずしたら必ず捨てなければならず、再び着けることはできません。特にレンズのケアもいらず、いつも清潔な新しいレンズが使えますので、最も安全なレンズといえます。
スポーツのときだけなど、普段はメガネを使用し、特別な日のみコンタクトレンズを使いたい人に最適です。1箱に30枚程度入っています。 1日の装用時間は約12時間です。

定期(頻回)交換レンズ

特徴
毎日、レンズをケアしながら使い、一定期間で交換するタイプのソフトコンタクトレンズです。1週間交換(1weekタイプ)、2週間交換(2weekタイプ)・1ヶ月交換(1Monthタイプ)などのタイプがあります。1日使い捨てタイプよりもコストが安く済みます。
使用期限を忘れずに守りながら使用しなければなりません。また定期的に購入が必要なので、購入忘れを防ぐためにも定期便などの利用がオススメです。1箱に6枚程度入っています。1日の装用時間は約12時間です。
ケアの方法
毎日、使い終わったら、つけおき洗浄タイプのケアで洗浄しましょう。定期的にタンパク除去をして、レンズの汚れを落とすようにしましょう。

酸素透過性ハードレンズタイプ

特徴
酸素を通すプラスチックでできた硬いコンタクトレンズです。黒目よりも少し小さい直径約9mmで、硬く形がしっかりしているため装着もしやすいレンズです。レンズとしての性能が高く、はっきりとした見え方になり、乱視矯正できます。
レンズが硬いため、付けはずしもソフトレンズとは異なります。また目にゴミが入ったときは痛く、コンタクトレンズに慣れるまで、1週間~1ヶ月程度かかります。
1枚の値段が高めですが、レンズの寿命は2~3年程度なので、1日あたりのコストは一番安いです。酵素を通すため、目の負担が最も少なく、1日の装用時間は約14時間と長時間装着したい方にオススメのコンタクトレンズです。
ケアの方法
毎日、使い終わったら専用のレンズケースに入れ、その都度、新しいつけ置き洗浄タイプの液をに入れて保存します。また、定期的にタンパク除去をして、レンズの汚れを落とすようにしましょう。レンズケースは半年から1年に一回、新しいものに交換してください。
フリーダイヤル 0120-209-060