眼科専門医が教える。アラフォーから意識したい目の加齢対策とは|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

眼科専門医が教える。アラフォーから意識したい目の加齢対策とは

アラフォーから意識したい目の加齢対策とは

30代後半から、視力、乾燥、疲れなど、目の力の衰えを実感するという人が多いようです。
「実際には、目の衰えはもっと早くから始まっています。症状が出て慌ててケアしようとしても、防ぐのはなかなか難しい」と話すのは、眼科専門医でみさき眼科クリニックの石岡みさき院長。
自分でできる目のアンチエイジングについてお尋ねしました。

目の加齢対策とは

老眼、ドライアイ、白内障……。どれも目が見えにくくなる、疲れる点で共通する

――目の加齢現象の、具体的な症状を教えてください。

石岡先生 誰にでも訪れる症状は、老眼白内障です。症状というより、現象と言ったほうがいいかもしれません。「老化現象」ですね。100%の人がなります。
また、人によって出やすいのが疾患としてのドライアイです。ドライアイは、目の表面が乾いて痛む、目がかすむ、疲れるなどの症状があり、白内障は、水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がぼやけて見える、視界がかすむ、まぶしいなどの症状が起こります。

次に多いのは、網膜の中心部である黄斑(おうはん)に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる加齢黄班変性、眼圧などによって視神経が圧迫されて、視野が狭くなり部分的に見えなくなる緑内障で、ともに重篤になると失明の危険を伴います。

ほかに、視界に糸くずのような黒い影、蚊のようなものが見える飛蚊(ひぶん)症、まぶたが開きにくくなる眼瞼下垂(がんけんかすい)も加齢による症状の一つです。

どの疾患、症状も、視界に問題が出る、視力が低下する、見えにくくなる、疲れるという点は共通します。
ただし、これらの症状は、若い世代の人でも発症することはあります。

アンチエイジングには、紫外線をカットする。適切なメガネをかける。

――自分でできる目のアンチエイジング法はあるでしょうか。

石岡先生 目の健康をキープするという意味で、紫外線を受けないようにする、つまり、紫外線カット加工のサングラスやメガネをかけるようにしましょう。
現在、メガネ店で作るほとんどのメガネは紫外線カットのレンズですが、雑貨ショップなどで販売するサングラスやファッション用メガネでは、紫外線カットがされていないものもあるので注意してください。

紫外線は白内障や加齢黄斑変性の原因と考えられています。
最近話題のブルーライトも加齢黄斑変性を起こす可能性があり、普段メガネが必要ない方でもかける意味はあるでしょう。

また、加齢による症状を予防するための生活習慣、例えば、光を放つディスプレーを眺め過ぎない、目によいとされる栄養成分のルテインを含む緑黄色野菜を食べる、栄養バランスがよい食生活、規則正しい睡眠などを心がけると、しないよりはよいでしょう。

――老眼を遅らせる方法はあるのでしょうか。

石岡先生 老眼は避けられない現象なので、新聞や本の活字がぼやける、読みにくい、疲れるなどの症状が出れば、遅らせるというよりは、「自分に合ったメガネを選ぶ」ということが最も適切なケアと言えます。年齢によっては近視の度数を弱くするだけで、近くの見え方が楽になる場合もあります。

――老眼鏡をかけると老眼の度合いが進むという話をよく耳にしますが、本当でしょうか。

石岡先生 適切な老眼鏡を選べばそういうことはありません。選び方が正しくない、自分の目に合っていなければ、見え方に違和感が出て老眼が進んだように感じることもあるかもしれません。

加齢とともに視力や見え方は変化しますから、2~3年に1度は老眼鏡を見直す必要があります。

――老眼鏡をかけるのを我慢していると、どうなるのでしょうか。

石岡先生 文字が読みにくいということのほかに、目が疲れやすくなります。がんばって焦点を合わせようと目を酷使するからです。
また、眉間にしわが寄ってきて、老けて見えてしまうなどということもあるでしょう。

アラフォー世代で老眼鏡を使っていない人が「このごろ目が疲れる」と感じたら、たいてい、老眼による目疲れです。特に、デスクワークや細かい物を見る作業の人は目が疲れることが多いのですが、その場合は老眼鏡をかけてください。あるいは手元用に度数を合わせたメガネにしてください。ピント合わせのために目を使うことがなくなるので、疲れがとれるわけです。

――紫外線カットのメガネや適切な老眼鏡選びは、白内障やほかの疾患対策にもなりますか。

石岡先生 紫外線やブルーライトをカットすることは、白内障、加齢黄斑変性の予防になりえますし、適切な度数のメガネを使うこと、そしてブルーライトカットメガネは眼精疲労の対策になります。

――目のアンチエイジングについて、具体的に知ることができました。ありがとうございました。

筆者はアラフォー世代ですが、このごろ目がかすむ、まぶしい、疲れるなあ、と、よく目頭を押さえている自分に気付いていました。その原因が老眼だとは……。
また、自分でできる目の加齢現象対策が「適切な老眼鏡を選ぶこと」だったとは……。
できるだけ避けたいことでしたが、がく然としつつもこれを機に現実を受け止める決心をしました。紫外線カットにもこれまで以上に気を配りながら、目のアンチエイジングを意識したいと思います。

石岡みさき氏

取材協力・監修:石岡みさき氏

みさき眼科クリニック院長。

横浜市立大学医学部卒。

平成5年よりアメリカ・ハーバード大学に留学、眼の免疫の研究に従事。

帰国後、東京歯科大学市川総合病院にて角膜・前眼部疾患について学ぶ。

平成10年両国眼科クリニック院長。

平成20年、生まれ育った渋谷区代々木上原にて「みさき眼科クリニック」を開業。

専門はドライアイ、眼のアレルギー。

http://www.misaki-eye.com/

取材・文 尾越 まり恵×ユンブル