30代からの老眼(老視)が増加中!!! | メガネスーパー

30代からの老眼(老視)が増加中!!!

スマートフォンやパソコンの使用が増え、20~30代の若年老眼患者が増加していることが明らかになった。 老眼は40代中盤以降に現れるのが一般的ですが、最近では老眼が現れる時期が次第にはやくなってきています。 専門医は近い距離にある画面を長く見ることは目に大きな負担になるとし、パソコンや携帯電話を一時間見た場合、 5分ほど目を閉じて休息することを薦めています。

 

メガネスーパーでは、スマートフォンやパソコンの使用が多い世代の眼を守るべく、新しいレンズを提案しています。

 

「MEKARA」(メカラ)レンズはスマートフォンやパソコンで使用機会が多い下方向を近くをサポートする度数を入れることで、遠くも近くも快適な見え方を実現しました。

 

視力が2.0とか、1.5とか、遠くがよく見える眼が良い眼なんだ、ということが今までの常識のように思われていました。しかし、実際には多くの方は遠くを見ながらデスクワークすることはないはずです。 遠くに焦点を合わせたメガネでスマホやパソコンなど近くを見続けると、眼筋には大きな負担がかかっています。実は遠くが見えるメガネが、かえって眼を疲れさせることもあるのです。

 

「MEKARA」についてはこちらを御覧ください。