• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

測定器の前に、小さな文字が書いてある視力測定の板が出てきました。だんだん近づいてくるのですが、見えないところまで来たら、ストップをかけます。この距離で、眼のピントを合わせる「調整能力」を測っているのです。私のピントの調整力は平均くらい。眼年齢も年相応だということがわかりました。

この調整力が衰え、段々と近くの物が見えづらくなるのが、いわゆる「老眼」です。35歳位から老眼は始まると言われています。自分が「老眼」であるという事を認めるのが嫌で、老眼に合ったメガネを掛けない事の方が、眼の負担になり、より眼の健康状態は損なわれてしまいます。しっかりと適正な検査をし、自分の調整力が今どの程度なのかを確かめる事が大切なのだそうです。

もくじ