• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

「トータルアイ検査」は機械が自動で測定する「他覚検査」から始まります。この検査はオートレフと呼ばれる機材を使って行われ、眼前のモニターに映る木や気球を見つめているうちに、弱い赤外線を網膜に反射させて眼の屈折状態(近視・遠視・乱視)と、その度合いを検出します。

この機械が自動で検査結果を出してくれるため、機械の操作方法さえ覚えれば誰でも行える検査なのですが、機械頼りの検査では誤差が生まれるもの。正しい視力の数値が算出されず、本当に合った度数とは異なるレンズを選ぶ羽目に陥る事も少なくないのだとか。

検査を行なうスタッフの教育にはコストがかかるので、効率を優先するならば機械任せの検査となるのも仕方ないのかもしれません。この他覚検査までしか行なわない所も少なくないものの、本当に見やすいメガネを作るためには「検査を受ける人が本当に見えているか?」といったヒアリングを反映させることが大切なのです。

ヒアリング

メガネスーパーのトータルアイ検査では、この他覚検査自体も測定する際の明るさを変えて、明るいときと暗いときの2つの数値を検出します。また、この結果は大まかなデータとして把握しつつ、より詳細な検査結果を導き出す為の複数の検査、そして細かなヒアリングを含めた「自覚検査」へと進みます。

「眼の健康」を第一に考えるメガネスーパーは、検査技術向上のためのコストを惜しまず「健康に良いメガネ選びを適切にサポートしよう」という姿勢がハッキリと見える部分ですね。

それでは早速、メガネスーパーの最大の特長とも言える豊富で綿密な検査のうち、いくつかを体験レポートしてみましょう。

もくじ