• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

自覚検査の「裸眼視力検査」では、いわゆる一般的な視力検査で使われるアルファベットの「C」に似た形の環(ランドルト氏環)を見て、その切れ目が上下左右どちらを向いているかを答えて、コンピューターで割り出した検査結果とのズレがないか調べていきます。また、遠くのものがどこまで見えるかを近視や遠視の度合いを調べる「球面度数検査」と、乱視や遠視の度合いや歪みの方向を調べる「乱視検査」も同時に行われます。

先ほどの機械での「他覚検査」によると、若干の乱視があった私。そのデータが本当なのかどうかを自覚検査で改めて調べた所、気にするレベルではないと言われ、ほっと一安心。「他覚検査」だけではなく、熟練した検査技術力を持つ人間が行なう「自覚検査」で微妙なニュアンスや感覚のズレを確認していく事で、より正しいメガネを選ぶ事ができるんですね。

もくじ