• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

眼にも利き眼があり、左右の視力に差が少ない場合は、利き目を優先的に調整されたメガネの方が良いとされています。

検査方法は中央に穴の開いた専用のシートもしくは両手で輪を作って、それらを通して、遠くに決めた目標となる文字や物を両目で見ます。次に左右の眼を順番に隠した際に片目でも目標物が見える方を「利き眼」と判定します。私の利き眼は手と同じく右眼でしたが、人により「手は右利きでも眼は左利き」という事もあるため、決めつけることなく検査する必要があります。

もくじ