冬にサングラスは必要ない?LINEアンケートで眼の「都市伝説」を検証 | メガネスーパー

眼の健康寿命を、延ばす。

アイケア研究所レポート VOL.5

2015年11月10日発行

冬にサングラスは必要ない?LINEアンケートで眼の「都市伝説」を検証

冬は日差しが弱く、眩しくないから、サングラスは必要ない…。そんな都市伝説めいたウワサがありますが、これは間違い。冬の日差しにも眼に有害な紫外線は多く含まれており、サングラスによる対策は有効です。

冬は日差しが弱く、眩しくないから、サングラスは必要ない…。そんな都市伝説めいたウワサがありますが、これは間違い。冬の日差しにも眼に有害な紫外線は多く含まれており、サングラスによる対策は有効です。今回はLINEアンケートを通じて冬のサングラスの使用状況について調査しました。

夏にサングラスをかける人の割合

冬にサングラスをかける人の割合

紫外線が眼に悪影響を及ぼすことを知っている?

冬にサングラスをかけない理由は?

夏にサングラスをかける人は約半数。しかし冬にサングラスをかける人は約3割

今回の調査では、夏にサングラスをする人(グラフA)が約半数にのぼるのに対して、冬にサングラスをかける人(グラフB)はとどまっていることが分かりました。

しかし、アンケート対象者の大半となる93%が「紫外線が眼に悪影響を及ぼすことを知っている」(グラフC)と答えています。また、夏はサングラスをかけるが、冬はかけないという人は「眩しくない」「(冬にサングラスをかけるのが)はずかしい」「冬にUV対策は不要だ」という理由を挙げています。

これらの調査結果から「生活者の多くは紫外線が眼に悪影響を及ぼすことを知っているが、紫外線に対する正しい知識を持ち、適切な対策を行っている人はけっして多くない」ということが考えられます。

冬もUVカットが施されたメガネ・サングラスによる紫外線対策は重要です

冬は夏ほど眩しくないし、日差しも弱まるので、サングラスをかけるほどではない…という方はまだまだ少なくないようです。しかし、冬は日差しが弱い分、意外と長時間にわたって紫外線を浴びてしまいがち。

また、夏よりも太陽高度が低いため、眼に紫外線を直接受けやすいのです、眼から入った紫外線は、眼の老化を早めてしまい、視力低下や眼の疾病の原因にもることはもとより、肌のシミやソバカスの原因になることもあります。

油断しがちな冬こそ、UVカットを施したサングラスやメガネ、また、帽子や手袋、ストールなども併用して万全の紫外線対策に努めましょう。

アイケア研究所とは

株式会社メガネスーパー(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:星﨑尚彦、以下メガネスーパー)は、 「眼の健康寿命を延ばす」を目的としたアイケアサービスの拡充を図るべく「アイケア研究所」を発足しました。

これは、核となるミドル・シニアを中心とした約600万人の顧客と、医療従事者、そして、多様な商品・サービスを提供する取引先をネットワークし、最先端アイケアの提供を目指すアイケアカンパニー・メガネスーパーの新しい取り組みのひとつです。

この「アイケア研究所レポート」では、毎月、注目度の高いテーマを取り上げ、みなさまに役立つアイケア情報をお伝えしていきたいと考えております。