お客さま情報の利活用にあたってのプライバシー保護の取り組み|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

お客さま情報の利活用にあたってのプライバシー保護の取り組み

1.本利活用指針の目的

お客さま情報の利活用にあたってのプライバシー保護の取り組み(以下「本利活用指針」といいます。)は、当社(株式会社メガネスーパー)が、法令および当社の定めるプライバシーポリシーを遵守の上、運用データを取得、保有および利用するにあたっての基本的事項を定めることを目的とします。

2.用語の定義

本利活用指針における以下の用語の意味は、それぞれ次に定めるとおりとします。
* 運用データ
当社が眼鏡、サングラス、コンタクトレンズ、コンタクトレンズ付属品、補聴器その他販売およびその他関連サービスを提供する過程で取得した個人情報保護法で定める個人に関する情報
* 顧客
当社提供の商品・サービスについて当社と売買契約もしくは利用契約を締結している者
* 匿名加工
運用データを、第5項に定める方法に従い、個人を特定できない形式に加工すること
* 匿名加工情報
運用データに匿名加工を施し、特定の個人を識別することができないように個人情報を加工して得られる個人の情報であって、当該個人情報を復元することができないようにした情報

3.運用データの取り扱い

(1)当社は、運用データとして顧客情報(氏名、生年月日、住所等)を取得し、匿名加工を施したうえで、匿名加工情報を第4項に定める目的で利用します。

(2)次の各号の場合において、運用データまたは匿名加工情報を第三者に提供する際には、事前に、当社が定める方法を用い復元防止処理を実施します。

4.匿名加工情報の利用目的、第三者提供

(1)当社は、次の目的で、匿名加工情報を利用します。
    [1] 当社が提供する商品・サービスの改善と新商品とサービスの研究・開発
    [2] 経営分析のための統計数値作成および分析結果の利用
    [3] 当社および関連会社の商品、サービスおよびキャンペーンのご案内
    [4] 当社および関連会社の広告およびアンケートの配信および表示
    [5] その他当社が顧客に有益と判断した情報の提供

(2)当社は、次の目的で、匿名加工情報を第三者([2]の場合は提携事業者に限ります。)に提供することがあります。
    [1] 提携事業者(資本提携、業務提携を含みますが、これらに限らないものとし、以下同じとします。)の商品、サービス等の企画および提供、ならびに提携事業者の広告、アンケート等の配信、表示および最適化その他当社が顧客に有益と判断した情報の提供
    [2] その他、当社が顧客に有益と判断する施策の企画・実施

5.運用データの匿名加工方法

(1)当社は、匿名加工方法として、以下のデータ処理、またはこれらの組み合わせ処理等を実施します。
[削除]
運用データのうち個人を直接特定可能な項目(氏名、電話番号等)を削除し、再特定リスクを回避します。
[仮名化]
運用データのうち個人を特定可能な項目(生年月日、住所等)を符号や番号等へ置き換えること。全く違う文字列等に変換し、再特定リスクを回避します。
[一般化]
運用データのうち個人を特定可能な項目(生年月日、住所等)を要約等すること。例えば、生年月日は年齢層に変換、住所番地は市区町村までに要約する等

6.運用データの管理措置および業務委託

(1)当社は、適切な情報管理責任者(以下「本件管理責任者」といいます。)を選任し、本件管理責任者を通じて、運用データおよび匿名加工情報の管理および匿名加工等を取り扱う社員等に対し、本利活用指針および社内規程に基づく安全管理措置が遂行されるよう監督を行います。

(2)第3項[1]および[2]の場合は、当社は、個人情報保護法等の関連法令を遵守することができるよう必要な契約を当該委託先と締結し、かつ、本件管理責任者を通じて、当該委託先に対し、本利活用指針および当社社内規程に基づく安全管理措置が遂行されるよう監督を行います。

7.お問い合わせ窓口当社における匿名加工情報等の取扱い関するご質問に関しては、下記まで連絡ください。

<個人情報保護管理者 山口 泰司>
Mail:y.yamaguchi@meganesuper.com

<個人情報保護管理者 吉野 正夫>
Mail:m.yoshino@meganesuper.com

平成30年11月26日 策定