LINEアンケートで眼の「都市伝説」を検証 メガネ・コンタクトレンズは、肩こりや頭痛の原因になる? – お客様からの“眼のお悩み” | メガネスーパー

眼の健康寿命を、延ばす。

アイケア研究所レポート VOL.3

2015年8月11日発行

LINEアンケートで眼の「都市伝説」を検証 メガネ・コンタクトレンズは、肩こりや頭痛の原因になる? – お客様からの“眼のお悩み”

メガネ・コンタクトレンズは、肩こりや頭痛の原因になる。そんな都市伝説めいたウワサを聞いたことはありませんか?今回はLINEアンケートを通じて、メガネおよびコンタクトレンズを装用している方の実態を年代別に調査してみました。

メガネ・コンタクトレンズは、肩こりや頭痛の原因になる。そんな都市伝説めいたウワサを聞いたことはありませんか?今回はLINEアンケートを通じて、メガネおよびコンタクトレンズを装用している方の実態を年代別に調査してみました。

メガネ・コンタクトレンズは肩こりや頭痛の原因になる?

メガネ・コンタクトレンズは肩こりや頭痛の原因になる?

なぜ?約7割の方が“YES”と回答

メガネ・コンタクトレンズを装用すると、よく見えるだけでなく、眼の疲労も軽減されるはず。それでも、約7割の方が「メガネやコンタクトレンズが、肩こりや頭痛の原因になりうる」と答えているのは何故なのか?これには、こんな理由が考えられます。

眼に合っていないメガネやコンタクトレンズを使っていると、よく見えないだけでなく、眼によけいな負担をかけてしまい、眼精疲労の原因になってしまうのです。

とくにメガネの場合は、レンズの度数だけでなく、フレームの状態が適切でないため、鼻やこめかみが圧迫されて痛くなったり、何度かけ直してもズレてきたりと「長くかけるほど疲れるメガネ」になっているケースも少なくありません。

とくに30~40代の多くが“YES”と回答

とくに30代後半~40代は、老眼による視力変化の症状がそろそろ始まる時期です。肩こりや頭痛を訴える方の中には「今まで長くかけてきたメガネの度が急に合わなくなった」、「手元の書類やパソコンの細かい文字など、近くが急に見づらくなってきた」という老眼の初期症状もよく見られます。

また、この年代は働き盛りで、デスクワークなど眼の負担になる作業もますます増え、ストレスも多いといった状況も影響していると考えられるでしょう。

最適なメガネやコンタクトレンズで肩こりや頭痛は軽減できる?

大切なのは、眼科や信頼できるメガネの専門店で正確な検査やフィッティングを受けたメガネや眼に合ったコンタクトレンズを装用すること。自分の視力や用途・生活環境に合ったメガネやコンタクトレンズであれば、よく見えることはもちろん、眼の負担も小さくなり、眼精疲労による肩こりや頭痛を抑制できる可能性が大きくなります。

また、仕事や勉強、家事などもはかどり、趣味や楽しみも拡がり、生活の質(Quality of Life)を向上させることにもつながります。

アイケア研究所とは

株式会社メガネスーパー(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:星﨑尚彦、以下メガネスーパー)は、 「眼の健康寿命を延ばす」を目的としたアイケアサービスの拡充を図るべく「アイケア研究所」を発足しました。

これは、核となるミドル・シニアを中心とした約600万人の顧客と、医療従事者、そして、多様な商品・サービスを提供する取引先をネットワークし、最先端アイケアの提供を目指すアイケアカンパニー・メガネスーパーの新しい取り組みのひとつです。

この「アイケア研究所レポート」では、毎月、注目度の高いテーマを取り上げ、みなさまに役立つアイケア情報をお伝えしていきたいと考えております。