コラム:時計修理業特有の眼環境。「時計修理業 篇」特定業界眼環境事情⑧ | メガネスーパー

眼の健康寿命を、延ばす。

アイケア研究所レポート VOL.8

2016年5月26日発行

コラム:時計修理業特有の眼環境。「時計修理業 篇」特定業界眼環境事情⑧

時計専門店などで、専用ルーペ(キズミ)を眼に着けて行われる時計の修理は、非常に細かな仕事 というイメージがあります。今回は、時計関連商品の卸販売や時計修理を行う五十君商店に勤務する 笹生さんに、時計修理の仕事に携わる視環境や、新しいメガネの体験談についてお聞きしました。

コンタクトレンズ+近くから中距離がラクに見えるメガネに初挑戦!「もっと早く使えば良かった」と思うくらい快適な視界で仕事も変わった!

株式会社五十君商店本社店頭サブマネージャー
笹生啓太 さん(1983年生まれ)

※写真のメガネ:レンズは“MEKARA...メカラ” フレームは“MasakiMatsushima...マサキ マツシマ”(カラー:02 グレー)

※写真のメガネ:レンズは“MEKARA…メカラ”フレーは“MasakiMatsushima…マサキ マツシマ”(カラー:02 グレー)

Q.おもな仕事は、時計の修理?

私は9名ほどのチームの責任者なので、現場全体の動きを見ながら、全国から届く時計の修理を行うほか、修理が終わったも のを検品したり、来店されるお客様の時計ベルトや電池の交換 やカンタンな修理を店頭で行いつつ、問い合わせの電話応対な どもします。あとは、修理依頼書を確認したり、見積書や発注 書を作成したり、メール返信したりと、パソコンの前に座っている時間も意外に⻑いですね。

修理では、ミリ単位の細かな部品を間近で見る

修理では、ミリ単位の細かな部品を間近で見る

Q.仕事中に眼の疲れを感じることは?

やはり、時計は非常に精巧な製品ですから、キズミという専用ルーペで近距離を凝視する修理は、かなり眼に負担を感じます。近くをじーっと見ていて、ぱっと来店されたお客様に視線 を移すと、視界が一瞬ぼやけることもありますね。あと、パソコンを使う時間もかなり⻑いので、眼の疲労感や痛み、肩こりや頭痛も気になります。最近の眼精疲労対策としては、眼やこめかみをマッサージしてくれるアイマスクがお気に入りです。

パソコンで修理内容を確認しつつ修理品を検品中

パソコンで修理内容を確認しつつ修理品を検品中

Q.今までコンタクトレンズ+度無しメガネだったのは?

メガネは、ファッションツールとして好きなんです。だから基本は近視用コンタクトレンズで、度無しメガネは10本くらいの中から、その日の気分に合わせてデザインで選んでいましたね。もちろ ん度無しと言っても、右眼、左眼それぞれの焦点に合う設計のメガネレンズに入れ替えてあります。

Q.今回のコンタクトレンズ+累進レンズのメガネの組み合わせは?

今まで累進レンズって、年配の方が使う老眼鏡のイメージが強かったのですが、視界が変わって本当に衝撃的でした。若い世代の方にも、もっと知ってほしいし、おすすめしたいです。メガネで仕事の負担もかなり変わりましたね。私は近くから中距離がよく見えるレンズにしてもらったのですが、よく見えるのに、チカチカしない、疲れにくい、眼にやさしい見え方なんです。通勤や接客の時などはコンタクトのみ、修理やパソコンの時はコンタクトしたままメガネというのも意外に便利ですね。

アイケア研究所とは

株式会社メガネスーパー(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:星﨑尚彦、以下メガネスーパー)は、 「眼の健康寿命を延ばす」を目的としたアイケアサービスの拡充を図るべく「アイケア研究所」を発足しました。

これは、核となるミドル・シニアを中心とした約600万人の顧客と、医療従事者、そして、多様な商品・サービスを提供する取引先をネットワークし、最先端アイケアの提供を目指すアイケアカンパニー・メガネスーパーの新しい取り組みのひとつです。

この「アイケア研究所レポート」では、毎月、注目度の高いテーマを取り上げ、みなさまに役立つアイケア情報をお伝えしていきたいと考えております。