色覚補助メガネとは|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

色は人によって違って見えている!?-色覚特性について

色に対する感じ方は人それぞれ異なり、色の見え方や感じ方も違います。
日本人男性の20人に1人、女性でも500人に1人が赤緑色覚の違うタイプで、
日本全体では300万人以上存在します。
ここでは実際の見え方の違いや、レンズの選定方法などについてご紹介します。

色覚補助メガネとは

色を感じるメカニズム

『色覚特性(かつての色盲・色弱)について』のページで、瞳は「色相」「彩度」「明度」の3要素で色を読み取ることをご紹介しました。
その色を読み取るために、瞳の中の色には光の三原色、「赤」を感じる細胞、「緑」を感じる細胞、「青」を感じる細胞があり、これらの色を受けた刺激の強さを合わせたものを色と感じています。

「赤」を感じる細胞と「緑」を感じる細胞を等しく刺激すると黄色の感覚が起こります。このようにして、色を感じる3種類の細胞を組み合わせを変えて刺激を与えることで、すべての色の感覚が起こります。

光の三原色

3色を認識する細胞のアンバランスから色覚特性が生じる

実はこの色を感じる細胞の量は人によって様々で、必ずしも3色均等ということではありません。色覚特性(かつての色盲・色弱)というのは、色の刺激を受ける3色の細胞のアンバランスから生じます。

例えば、「赤」と「緑」の光2つの刺激を受けた場合、「黄色」が認識されます。一般色覚者の場合、色の刺激は「赤」100% & 「緑」100%となるため『黄色を認識』します。ですが、「赤」を感じる細胞が60%しかない場合、「赤」60% & 「緑」100%のとなるため「緑」の認識が強くなり、『緑っぽい黄色』を認識するのです。

りんご

上記の例の場合、「赤」を感じる細胞が60%に合わせて、「緑」と「青」を感じる刺激を60%に抑えることができれば、3色が同じバランスになります。
バランスがそろえば、視界はやや暗くなるものの一般色覚者と同じバランスの色調の黄色を感じることができるのです。

現在では3色が同じバランスになるよう他の2色の色の透過率を弱める、そんなメガネがレンズが存在します。そしてなんと、色覚特性(かつての色盲・色弱)の人の98.2%が補助可能のレンズは「ネオ・ダルトンレンズ」といい、メガネスーパーでもお取り扱いしております。

ネオ・ダルトンレンズ

すでに2万人の人々が「ネオ・ダルトンレンズ」を使用

色覚特性(かつての色盲・色弱)の人の98.2%が補助可能なメガネレンズ「ネオ・ダルトンレンズ」。2万人以上の方が利用し、新たな色覚の世界が広がっているそうです。趣味・生活・学問・仕事等でこれまで狭かった色覚特性(かつての色盲・色弱)の人たちの選択肢が増えたことが報告されています。

この補助できる「ネオ・ダルトンレンズ」はそれぞれの色覚特性に応じ12種類あり、この補助レンズを使って得意な色はそのままに、苦手な色を補助することができます。
気になる方は、店舗でご相談してみてはいかがでしょうか。

ネオ・ダルトンレンズの選定

色覚補助レンズご購入の流れ

①ご予約
まずはお電話にてお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、色覚検査のご予約をいたします。 電話番号
②ご相談
ご来店頂きましたら、専用のスタッフがお客様の色覚特性(かつての色盲・色弱)の状況をヒアリングいたします。
補助レンズや検査についてご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
③検査
お客様がどのタイプのレンズが適切かを専用の機械で検査します。 色覚特性検査
④レンズ体験
12種類のレンズの中から、あなたに合うレンズを選定します。
※無理なご購入のお勧めは絶対にいたしません。安心してご相談ください。 レンズ体験
⑤フレームの選定
店内でメガネフレームをお選びください。
※お好きなフレームに補助レンズを取り付けることができます。 ご相談
⑥ご購入
補助レンズは1セット7~9万円となります。
※店頭でフレームをお選び頂いた場合、フレーム代は別途かかります。
※補助レンズのみのご購入も可能です。 眼鏡のご購入

よくあるご質問

Q:これまで見えていた色とこのメガネをかけた後では色が全部変わってしまうのでしょうか?
このレンズは原色の光の量を調整して目に届けていますのでレンズの種類によってはそれまでと随分と変わる場合もあります。
Q:自分でも他の人とだいぶ見え方が違うと思うのですが、見えるようになりますか?
ご色の感度の度合いによりますが、感度が欠落してない限り改善されます。
Q:配線工事のとき色の区別ができません。識別できるようになりますでしょうか?
これまでも配線でお困りの方が多かったです。中には実際に使用する線を持参して確認する方もいました。同様に是非レンズをお試しください。
Q:家族にも色覚特性(かつての色盲・色弱)がいるのですが、同じレンズでも大丈夫ですか?
色感度を測定してみないと判断出来ませんが同様のタイプのレンズですと少し感度が違っていても改善にはなります。
Q:近視のメガネをかけていますがどうしたらいいでしょうか?何か方法はありますか?
現在かけているメガネに脱着できる方法もございます。詳しくはお問い合わせください。
Q:魚や野菜の鮮度が分からず困っています。分かるようになりますか?
魚や野菜だけでなく肉も同様に解決するでしょう。
Q:青い柿と熟した柿が選別できません。選別できるようになりますか?
自信をもって出来るようになると思います。
検査予約専用電話番号
お問い合わせフォーム
店舗検索

特集コーナー