メガネフレームの種類|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

メガネ

メガネフレームの種類

メガネ各部位の名称を知ろう

ここではメガネフレームの形についてご紹介します。フレームの形でメガネをかけた時の印象は変わります。好みの色やデザインで選んだり、なりたい自分をイメージして選んでみましょう。

メガネフレーム基本型

ベーシックなファッションやビジネスシーンでも違和感なく合う、基本のフレームラインとその特徴をまとめました。他にもたくさんの種類がありますが、このフレームラインは覚えておくと便利な基本型です。

●オーバル型

タマゴ型の定番タイプで、男女問わず好まれる。柔らかく自然な印象になるので、誰にでも似合いやすい。
【印象】やさしい、理知的、大人っぽい
【効果】顔の主張を抑える

●ボストン型

逆三角形近い楕円型で知的な印象をあたえる。日本でも昔からある定番タイプの一つで、レトロな印象だが、近年、男性の間で流行している形。アメリカのボストンで流行したことからこう呼ばれている。
【印象】活動的、若々しい
【効果】顔の長さを短く見せる

●スクエア型

レンズの形が四角で横長の長方形タイプ。直線的でシャープな印象をあたえる。男性に好まれるデザイン。
【印象】シャープ、知的
【効果】顔の印象を引き締める

●ウェリントン型

丸みを帯びた逆台形型で、正方形に近い形。昔からある定番タイプ。ジョニー・デップが掛けたことで有名なフレーム。
【印象】落ち着いた、知的、男性的
【効果】顔に緊張感を出す

●ラウンド型

円形タイプで、少し横長の楕円の形。アメリカの喜劇役者ハロルド・ロイドがよくかけていたことから、「ロイド型」とも呼ばれている。
【印象】若々しい、かわいい
【効果】顔に動き、楽しさを出す

メガネスーアパーで取り扱っているフレームはこちらからご確認ください。

フレームの素材

色の種類が豊富なプラスチック素材のフレームや、定番の金属でできたフレームと、大きく分けて2種類の素材があります。ファッションによって素材や色を合わせて使い分けるとおしゃれですし、印象も変わりますよ。

●セルフレーム

メガネの中心部分(フロント)がプラスチックなどで作られたフレーム。昔は素材がセルロイドだったため、「セルフレーム」と呼ばれている。カジュアルな印象をあたえる素材で、色の種類が豊富。

●メタルフレーム

メガネの中心部分(フロント)が金属で作られたフレーム。チタンや形状記憶合金、アルミニウムなどの軽くて丈夫な金属が使われている。
シルバー以外に、赤や黒などの色付きのフレームもあるので、カジュアルにみせることも可能です。

●コンビフレーム

メガネの中心部分(フロント)がプラスチックと金属で作られたフレーム。

リムの形状

リムとは、レンズを固定している部分で、メガネをかけたときの印象の決め手となります。
ベーシックなファッションやビジネスシーンでも違和感なく合う、基本のフレームラインとその特徴をまとめました。他にもたくさんの種類がありますが、このフレームラインは覚えておくと便利な基本型です。

●フルリム

メガネの中心部分(フロント)がプラスチックなどで作られたフレーム。昔は素材がセルロイドだったため、「セルフレーム」と呼ばれている。カジュアルな印象をあたえる素材で、色の種類が豊富。

●ナイロール(半分のフチ)

レンズの半分にフチがあるタイプ。
リムがない方にレンズのふちに溝を設け、そこに糸を通してレンズを固定している。ハーフリムとも呼びます。
レンズの下半分にフレームがあるデザインは「アンダーリム(逆ナイロール)」と呼ばれる。

●フチなし(ツーポイント)

レンズのまわりにフチがないデザインで、レンズ面に穴を開けて直接固定するタイプ。
リムがないので視界が広くあまり顔のイメージを変えないナチュラルな印象になるが、レンズが破損しやすい。

次はメガネレンズを詳しくご紹介します

メガネスーパーでは、メガネを作成するときにする視力検査だけではなく“自分専用の最高のメガネ”を作るためにトータルアイ検査を実施しています。

メガネフレームを探す