メガネのお手入れ|眼鏡(めがね)、コンタクトレンズ、補聴器販売のメガネスーパー

フレーム

メガネのお手入れ

メガネのお手入れ

みなさんはどのようにメガネをお手入れしていますか?実は、体といっしょにお風呂でメガネを洗うのはダメなお手入れ方法です。特にレンズはデリケートで、熱に弱くキズが付いたり、コーティングがはがれたりする原因にもなります。
最高のメガネをいつもベストな状態に保って頂くためにのお手入れ方法をご紹介します。

基本のお手入れ

皮脂汚れ・ほこり・メイク汚れなど、いつの間にか汚れているメガネ。長持ちさせるためにも、毎日のお手入れが大切です。

【1】まず水洗いを

キズを防止するためにも、まず汚れがついたら水洗いしましょう。
※溝などについた汚れは強くこすったりせず、超音波洗浄器を利用してください。メガネスーパー店舗でも無料でご利用いただけます。

【2】やさしく洗剤で洗いましょう

レンズについた油汚れには、専用のメガネクリーナーで洗うのが一番です。ない場合は台所用の中性洗剤を使います。
洗面器などに水をため、中性洗剤を数滴いれ泡立てて、その中でメガネを洗います。もしくは、指先に洗剤を付け、メガネの両面を優しくそっと撫でてから洗いましょう。

これはNG!
  • お湯洗いはNGです!レンズコーティングは熱に弱いので、お湯洗いは避けましょう。
  • せっけん等で洗うのも避けましょう。研磨剤等でコートが剥がれたり、傷の原因になります。
  • アルカリ系・酸性の洗剤は、コートがはがれる原因となるので使用しないでください。

【3】水気をとりましょう

ティッシュペーパーでやさしく押しふきで水分を取りましょう。なければ吸水性がある柔らかいタオルやガーゼを使ってください。レンズの溝はしっかりと水気をふき取ることがポイントです。

【4】メガネクリーナーで仕上げを

最後の仕上げにメガネふきでレンズをやさしくふき、静電気を防止しレンズを守るメガネクリーナーで仕上げをしましょう。メガネのくもりが気になる方は、曇り止めをお使い下さい。

メガネスーパーでは、オリジナルのメガネクリーナや曇り止めもご用意しております。各店舗やオンラインストアでご購入ください。

スーパークリーニングをご利用ください

毎日使うメガネはお手入れをしても、手が届かない部分は汚れも蓄積されます。長くお使い頂くためにも、定期的なメンテナンスが大切です。ぜひスーパークリーニングをぜひご利用ください。

大切なメガネのクリーニング、メンテナンス、調整を対応いたします。ぜひスーパークリーニングをご利用ください。